ー日本屈指のグルーヴ・マスター沼澤尚を筆頭に、新旧Sheila E Bandのメンバーから成る「Nothing But The Funk」の約3年振りとなる公演の初日が、ビルボードライブ東京で行われた。

7人全員のスケジュールが許すタイミングで、定期的に活動しているこのスーパー・ファンクバンドであるが、今年はやはりこの話を避けて通れない。
4月21日にこの世を去ったPRINCE。
言うまでもなく、所縁の深いメンバーで構成された”NBTF”が今年ライブを行うことは、もはや必然だったのかもしれない。

筆者が目撃することができた2ndステージはほぼ満席状態で、SEが流れメンバーがステージに登場するや否や、フロアのオーディエンスは総立ちの拍手で迎え入れる。
各楽曲への言及は敢えて伏せさせていただきたいのだが、エディとジョエルのパワフルさは演奏面にだけに留まらず、ステージパフォーマンスとしても圧倒的だ。
ネイトは、心地よいカッティング・リズムを鳴らし、またファンキーな音色に奥深い味わいを重ねるギター・ソロには、大声援が沸き起こる。
レイモンドは堅実にリズムを捉え、音の強弱や休符を含めた細かなニュアンスを表現しきり、音符と音符の“間”みたいなものまでが、身体中にズシンとくる。
カールは思いのままに、インプロに近いリズムの合間を縫うようなビートを奏で、沼澤尚とのシンコペーションには誰もが身体を揺らす。
一音一音に魔法が込められているような錯覚をさせられる森俊之のキーボードは、「心が踊るとはまさにこのことだろう!」と言わんばかりである。
そして、このREAL FUNKINESSたちを最高のグルーヴで導く沼澤尚。
7人が織りなす、その溢れんばかりの珠玉の音の洪水は、会場中を駆け巡るだけではなく、身体中の奥底に響いて心を離さないリズムの鼓動でいっぱいに広がる。
あっという間のステージは、観終わった後の「最高だった!」と同時に発生する「また観たい!」が、オーディエンスの脳裏に浮かんだに違いない。

このライブを体感できる、残されたタイミングは広島クラブクアトロ(14日)、ビルボードライブ大阪(15日)、そして追加発表されたビルボードライブ東京(16日)のみ。
プリンスの遺伝子と共に奏でられる、極上のFUNKを是非、味わい尽くして欲しい。

取材:2016.10.13
インタビュー・テキスト:Atsushi Tsuji@classic0330

【ライブ】
【広島クラブクアトロ】
2016/10/14(金)@広島クラブクアトロ
◆時間:開場18:00 開演19:00
◆チケット:前売 6,900円 (税込・整理番号付/全自由/ドリンク代別@500円)
ローソンチケット:0570-084-006
チケットぴあ:0570-02-9999
e+(イープラス):http://eplus.jp/
エディオン広島本店プレイガイド
タワーレコード広島店
◆問合せ:広島クラブクアトロ:082-542-2280
(広島県広島市中区本通10-1 広島パルコ本館10F)

【ビルボードライブ大阪】
2016/10/15(土)@ビルボードライブ大阪
◆時間:1stステージ開場15:30 開演16:30/2ndステージ開場18:30 開演19:30
◆チケット:サービスエリア:7,900円/カジュアルエリア:6,900円
◆問合せ:ビルボードライブ大阪
TEL : 06-6342-7722 (平日11時~22時/土・祝 平日特別営業時間公演日11時~20時/平日休演日11時~19時/定休日 日曜)

【ビルボードライブ東京】
◆日程:2016/10/16(日)@ビルボードライブ東京
◆時間:1stステージ 開場15:30 開演16:30/2ndステージ 開場18:30 開演19:30
◆チケット:サービスエリア¥7,800/カジュアルエリア¥6,300(1ドリンク付き)
◆問合せ:ビルボードライブ東京
住所 : 東京都港区赤坂9丁目7番4号 東京ミッドタウン ガーデンテラス4F
TEL : 03-3405-1133 (平日 11時~22時/土日祝 11時~21時/平日休演日 11時~19時/不定休)

【アーティスト情報】

●WEB http://takashinumazawa.com/nothingbutthefunk/

●Twitter https://twitter.com/NBTFofficial

●Facebook https://www.facebook.com/nothingbutthefunkofficial/