9月28日に7枚目のオリジナル・アルバムをリリースしたTHE BOHEMIANS。

自ら”最高傑作”と掲げるこのアルバムは如何にして生まれたのか?それを生んだTHE BOHEMIANSとは?平田ぱんだ(Vo.)とビートりょう(Gt.)からその全てを語ってもらった。


ー「kaiser strong majestic love」のオフィシャルコメントに、りょうさんから「ひとつの挫折からスタートした」というコメントから始まっているんですけども。

ビートりょう:カッコつけて(笑)。

平田ぱんだ:挫折、してないです(笑)。

ー(笑)。実際に音を聴くと挫折感が全くないというか。むしろ、突き抜けている感じがしますけど、制作過程ではあったわけですよね?

ビートりょう:そういう過程はあります。けど、毎回作るのはギリギリだったり、スムーズにいつも行ってる訳じゃないんです。結果的に「気づいたら出来てんじゃん」というような作り方をしてる。

ー曲作り自体も、制作期間と呼べるタイミングまではアイディアの断片を取っておくとか?

ビートりょう:例えば、ギターを持っていないときとかでも、フレーズがちょっとずつ生まれたりするじゃないですか。作曲は、それをまとめる作業というか。何て言うんだろう、日々そういうのを浮かんだら貯める作業をしてるかな。

ー歌詞に関しても同じですか?

ビートりょう:そうですね。でも、大抵歌詞は最後につけるんですけど、それが間に合わなくて”平田ぱんだに委ねる”みたいなパターンが多いです。逆に歌詞も同時にできるのも稀にあって、今回でいうと”GIRLS(ボーイズ)”は同時にパパッと出来た感じがありますね。

ーオフィシャルコメントにも書いてありましたね。同じく記載されていたんですが「ビートりょうがソロアルバムを作ったらきっとこうなる」というコンセプトについては?

ビートりょう:それは彼がそんなことを言い出したんですね(笑)。

【独占インタビュー】THE BOHEMIANS

平田ぱんだ:いやー、サボりたくて(笑)。前作がとっても良かったんで、僕はもう満足。でも、1年に1回アルバムを出さなくちゃいけないから、僕はもう家で寝ていたい、出したくない。

ビートりょう:出したくない(笑)

平田ぱんだ:「今こそ、全てをやるときがきたぞ」と。家で寝てるから全てを委ねた。

ビートりょう:寝てるだけで、ロックなアルバムが出来るっていうのをやってみたかった。

平田ぱんだ:最終的には歌いもしない、ただ椅子に座ってるメンバーになりたいです。

ー存在してるだけでロック(笑)。

平田ぱんだ:そうです。マイケル・ジャクソンが、突っ立てるだけで失神者が出るなんてすごいけど、僕はそれを超えた座ってるだけで失神者が出るってところまでいきたい。

ー序の口だと(笑)。

ビートりょう:一瞬だからな、ステージのなかのね(笑)。

ー(笑)。が、納得の行く曲が中々生まれない中、結果的にはりょうさんのみならず、平田さんの楽曲も加わることに?

平田ぱんだ:いや、それ嘘です。僕は助けるつもりはなかったです。ただ、アルバムが延期すると、ウチのボスが言うから「ヤバイ」つって(笑)。まあ、いつものパターンです。

ーそうやって作り上げたアルバムですけど、所謂ロックの華やかさや、煌びやかさみたいなものがガツンときました。

平田ぱんだ:ロックなんて、そんなもんだと思います。自然にやっていけばそうなるもので、そうじゃ無い人が間違ってるんだと思います。ロックにおける挫折とか悩みなんか、あって無いようなもんですよ。”たかがロックバンドじゃないか”と。僕はそう思いながらやってます。だから嘘です。そして自然にやってれば、こういう風になるはずです。悩んで下向いてやってるロックは、本来のこういうロックに対して、アンチでやってるからカッコ良かっただけであって。

【独占インタビュー】THE BOHEMIANS

ー一方で、普通にやれば出来るというお話をされたものの、なかなかそういったバンドがいないのも、事実だと思うんですね。

平田ぱんだ:そうですね。それは、誰でも出来るを追求しすぎて、”こういうのがカッコ悪い”みたいなのが出来上がっちゃったからだと思うんですよ。90年代に、着飾ったり煌びやかにする方がダサいみたいなのが確立されたじゃないですか。

ーええ。

平田ぱんだ:あっちの方がメインになっちゃったから。”何がオルタナだ”って思うんですよ。

ー変な言い方ですけど、70年代〜80年代にスタンダードとして確立された、ロックが持ってる煌びやかさというのが、90年代に失速したじゃないですか?

平田ぱんだ:うん、逆にオルタナになりましたね。それは僕たちもで、さわおさんにも言われたんですけど「お前ら、逆にオルタナだわ」って。

ー(笑)。しかも、ロックと呼ばれる音楽の中で、さらに細分化もしているのが現代で。「何を以って」というのがありますが、ラウド・ロックと呼ばれる音楽も盛り上がりを見せています。

ビートりょう:でも、ロックはラウドの方が良いですよ。

平田ぱんだ:うん。

ーそこは勿論そうですけど(笑)。

平田ぱんだ:音がデカくなきゃダメな訳じゃ無いですよね。多分、彼らのそのラウド・ロックは、音がデカくないといけないじゃないですか。僕たちは音が小さくても、煌びやかだと思いますね。

ーその煌びやかさの良さは、もう1度ロックに浸透していっても良いのかなと。

平田ぱんだ:浸透する必要ないと思いますよ。こっちはこっちで、好きなヤツ同士と話すくらいが良いと思ってるから、拡がるほどじゃないっすよ。

ーえ、なんで(笑)。

平田ぱんだ:教育に悪いんです(笑)。だってそんな拡がっちゃったら、親も一緒に楽しめる風潮になるじゃない。ロックは”何だこれ?“って、鼻をつままれてナンボなんですよ。僕、HIDE(X JAPAN)がテレビに出てるのをたまたま見てただけなのに、ウチの親にめちゃめちゃキレられましたもん。

取材:2016.09.23
インタビュー・テキスト:Atsushi Tsuji@classic0330

【リリース】

7th Album「kaiser strong majestic love」

GIRLS (ボーイズ)
JUMPIN’ JOHNNY & THUNDER FLASH
Brighter guy, Brighter girl
あういえ
悲しみのグロリア
恋の1秒野郎
BEAT GOES ON
LOVE COLLECTOR
TOTAL LOVE
kaiser strong majestic love


【DVD】
恋の8cmシングル
so happy go lucky!
bohemian boy
“SUPER SUMMER FIRE ATOMIC BOHEMIANS SHOW 2016”
2016.08.07 at 下北沢 SHELTER

Amazonから購入

【ライブ】
THE BOHEMIANS 「GREAT NATIONAL LOVE TOUR 2016 ~愛で行こう!編~」


2016年10月28日(金) 千葉 LOOK
OPEN 18:30 / START 19:00

2016年10月30日(日) 仙台 LIVE HOUSE enn 2nd
OPEN 18:00 / START 18:30

2016年11月6日(日) 札幌 BESSIE HALL
OPEN 18:00 / START 18:30

2016年11月12日(土) 新潟 CLUB RIVERST
OPEN 18:00 / START 18:30

2016年11月13日(日) 長野 the Venue
OPEN 18:00 / START 18:30

2016年11月20日(日) 心斎橋 Music Club JANUS
OPEN 18:00 / START 18:30

2016年11月22日(火) 大分 club SPOT
OPEN 18:30 / START 19:00
“ツインテールラブドルーグタイム”
※ゲスト: Droog

2016年11月23日(水・祝) 福岡 Queblick
OPEN 18:00 / START 18:30

2016年11月24日(木) ⻄小倉 LIVE SPOT WOW!
OPEN 18:00 / START 18:30
“ツインテールラブドルーグタイム”
※ゲスト: Droog

2016年11月26日(土) 岡山 PEPPERLAND
OPEN 18:00 / START 18:30

2016年11月27日(日) 名古屋 CLUB UPSET
OPEN 18:00 / START 18:30

2016年12月10日(土) 東京 キネマ倶楽部
OPEN 18:00 / START 18:30

【アーティスト情報】

●WEB http://the-bohemians.jp/b/

●Twitter https://twitter.com/ItsTHEBOHEMIANS

●Facebook https://www.facebook.com/pages/The-Bohemians/362403683921305