メジャー・デビュー20周年を迎え、全曲太陽光エネルギーだけでレコーディングされた「LOVE CHANGES THE WORLD」をリリースし、現在全国ツアー中のシアターブルック。そして、「野球・ソフトボールを競技復活を目指す」PR映像テーマソングとして話題の「Shout!」をリリースし、“SHOUT TO THE STARLIGHT TOUR”を終えたばかりのTRICERATOPS。
この2バンドが、来年2月にライブを行うことが決定し、その記念的なイベントを前に、シアターブルックから佐藤 タイジ、TRICERATOPSから和田 唱を迎えた対談が実現した。
お互いの出会いから現在に至るまで、そしてイベントタイトルが、この対談中に決定した瞬間までを4週連続でお届けする。


ロックスターのイメージをそのまま体現してる人(和田)

ー最初はレーベルメイトととしての出会いが始まりになりますか?

和田 唱(以下、和田):そうです。最初からこのビジュアルだったし、”この人がシアターブルック”というイメージと共に、レーベルの先輩として飛び込んで来ましたよね。

佐藤 タイジ(以下、タイジ):今とあんま変わってないからね。何年くらいだっけ?

和田:97年ですね。シアターは95年?

【独占インタビュー】佐藤タイジ

ーデビューで見ると2年違いですか?

タイジ:そうそう。年齢だと唱はまだ若いもんね?

和田:でも40歳になりました(笑)。まだ当時は21歳くらいだから、あれから倍近く生きてきたことになるのか。

ー2人が出会って、それこそ来年で20周年になるんじゃないですか?

タイジ:だいたいそうやな。

和田:それまでって、学校の先輩とかはいましたけど、デビューしてから初めての先輩の1人で、すごいエネルギッシュで怖い感じ(笑)。こっちは、デビューしたてでオドオドしてましたからね。

タイジ:イヤイヤイヤ(笑)。最初、(当時の)ディレクターも一緒だったよね?

和田:そうです。共通のディレクターさんだったから、何かとすれ違うことも多かったですよね。

【独占インタビュー】佐藤タイジ

ー打ち合わせとかの場面で挨拶程度のような?

和田:でも「どうも!」って感じで済ませてはくれないから、「あ〜いた!あの人」ってビビってました (笑)。言うことが豪快だった印象が強くて、何かのイベントで一緒になったときに「いやぁ、前にこの会場でライブ演ったんだけど、○○してからステージに行ったんだよ」って。

タイジ:嘘だぁ(爆笑)。

和田:ホント!会う度に、そういうロックンロールなエピソードをかましてくれるわけですよ。俺が思い描いていた、海外のロックスターのイメージをそのまま体現してる人が、こんな近くにいるんだと思ったのが、当時のタイジさんのイメージ(笑)。

ー(笑)。その今と変わらないイメージのタイジさんは、当時のTRICERATOPSへはどういった印象だったんですか?

タイジ:かわいいのが来たなっていう(笑)。

和田:この人に比べれば、かわいいもんだったと思いますよ。

タイジ:まぁ、ディレクターが一緒だったから、気にしてましたよね。真面目に音楽をしていることが伝わって来てたし、絶対に人に好かれるキャラクターだってわかるわけじゃない?だから、当時の俺は楽屋を盛り上げようとしてたんでしょうね。唱に嫌われたくなくて、そういうオモロイことを言ったんだろうね。

【独占インタビュー】佐藤タイジ

和田 唱と俺はあからさまに陽(タイジ)

ー(笑)。お互いのイメージについてはお話いただいた通りですが、音楽についてはいかがですか?

和田:まず、「シアターが好きだ!」って公言する人が、周りにたくさんいました。例えば、当時数回通ったボイトレの先生の部屋に”シアターブルック”って書いてあるボックスが置いてあって、「好きなんですか?」って聞いたら「好きなのよ〜」って。音楽業界の人にも人気があって、オシャレなイメージがありましたね。

タイジ:オシャレ推ししてたな。当時のレーベルはそうだったのかもね。そういう和田 唱も、当時から大概オシャレやん。しかも、今の方がオシャレ度が上がってる気がするよね。TRICERATOPSは、踊れるロックで行こうとしてるのがわかったから、グルーヴをちゃんと捉えているんだなっていうイメージ。ディレクターが同じだったというのもあるけど、どっかに似たようなセンスと素養があるだろうなっていうのが、後からでも理解できるよね。

和田:今の方が、確かにそう思いますね。

【独占インタビュー】佐藤タイジ

タイジ:シアターブルックとTRICERATOPSの交わってるところが、当時の90年代よりも見えるようになってる。結局、陰と陽があるとするならば、和田 唱と俺はあからさまに陽なんだよね。

和田:あぁ、言われます。

タイジ:音楽に対して難しく考えずに、陽気に取り組むことがお互いのバンドサウンドにも影響していて、ここに来て当時よりもよりシンパシーを持ててることに繋がってるからね。



PART.2は12/18 17:00に公開予定

取材:2015.12.03
インタビュー・テキスト:Atsushi Tsuji
撮影:Hiromi Morimoto


【ライブ】

タイトル:シアターブルック×TRICERATOPS “朝日のあたる家”
公演日:2016/2/5(金) OPEN/18:15 START/19:00
会場:渋谷CLUB QUATTRO
出演:シアターブルック、TRICERATOPS
前売:¥5000-(別途ドリンク代必要)
2015/12/12(土)プレイガイド一斉発売
eプラス:http://eplus.jp/sys/T1U89P0101P006001P0050001P002114657P0030002P0006
ぴあ:http://ticket.pia.jp/pia/ticketInformation.do?eventCd=1543560&rlsCd=001
ローソンチケット:Lコード 76364
お問い合わせ:HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999(平日12:00~19:00)

【アーティスト情報】

シアターブルック

●Official WEB

http://www.theatrebrook.com/

●Official Twitter

https://twitter.com/_theatrebrook_

●佐藤 タイジ(Vo. G)

http://www.taijinho.com

TRICERATOPS

●Official WEB

http://triceratops.net/

●Official Twitter

https://twitter.com/TRICERA_BAND

●和田 唱(Vo. G)

https://twitter.com/sho_wada