ROCK'N'ROLL GYPSIES、band HANADA、そして弾き語りの流れと、3つの場所でそれぞれの音楽を奏でる花田裕之。THE ROOSTERSでデビュー後、常に自由奔放なロックを求めて、数々の作品と唯一無二のライブを示してきた。本インタビューでは、そのヒストリーを振り返りながら、花田裕之の魅力に迫ります。PART.1は幼少期〜人間クラブまで


—子供ながら音楽に癒されてた

—花田さんが最初に音楽に触れた頃のお話から伺えればと思いますが、記憶として残っているものはありますか?

最初に聴いてたのは、テレビに親戚のおばちゃんとかがキャーキャー言ってるのと、一緒に観てたのが始めだと思うから、そのときのGSやね。

—ザ・スパイダースとかですか?

そうそう。ジュリー(沢田研二)のザ・タイガース、ショーケン(萩原健一)のザ・テンプターズとかね。けっこうテレビに出てるバンドが最初で、絵(演奏)と一緒に聴いてた。まだ小さ過ぎてレコード買ったりしてないけどね。

—花田さん自身が「これを聴きたい」となっていくのは、小学校の後半くらいですか?

オレ、3つ上の姉貴がいて、小学校の終わり頃は姉貴が中学生で、ビートルズのレコードとか聴き始めとって。それでオレも一緒に聴いてたのが、ちょうどビートルズが解散した時期で、ポール(マッカートニー)のシングル(Another Day)とかジョージ(ハリスン)のシングル(My Sweet Lord)を買ったのがその時期。

—今の花田さんを想像すると、どちらかと言えばアメリカの音楽というイメージでしたが、当時はまだそういった、国毎で分けて聴くというより、身近な人からの影響で聴いていたんですね。

そう、まだ全然そういう聴き方じゃない。姉貴がビートルズ好きで、オレも気に入ったっていう。あとは、同級生の友だちの兄貴がバンドしよって。その兄貴は高校生やったんだけど、その友だちの家にはドラムもギターも練習できるようなところやったから、ストーンズとかのロックがかかってて。その人の影響もあるね。

【独占インタビュー】花田裕之

—海外のロックに触れていくのがこの時期なんですね。そこはある種、溜まり場のような環境ですか?

そこはそうやったね。その兄貴がギター弾きながら歌ってたりしてたから、行くのが楽しかった。小学校4年の頃に親父が死んだりして、けっこう揺れてた時期でもあったから、音楽とその当時の自分が未だに思い出深いよね。

—なるほど。音楽やロックに、当時の花田さんが傾倒していく背景には、そういった心の描写がしやすかったとも言えますね。

うん。子供ながら音楽に癒されてたところはあるよね。ストーンズに限らず、ニール・ヤングも知ったのがその時期だったし。ロックファンの人だったから、グランド・ファンク(レイルロード)があれば聴いたりとか、何かに偏ってはいなかったね。

—そこでロックに対する下地が、花田さんの中に形成されていったんですね。

そうやね。その出会いで、ロックの人たちの思考に影響されたよね。ロックが好きなヤツは同級生に2人くらいしかいなかったし、ラジオの海外ベスト10みたいなのを聴いて話するくらいやったからね。

—傾倒していく中で、楽器に触れるのもやはりその溜まり場ですか?

そう、最初に触らせてもらったね。中学に入ってから、親と約束してアコギを買ってもらって。ロックって言いながら、当時流行っていた日本の音楽も聴いてたから。

—井上陽水さんとか?

フォークやね。泉谷(しげる)とか(吉田)拓郎とか同じように聴いてたよ。フォークの方が当時はやり易かったのもあるよね。

【独占インタビュー】花田裕之

—それこそ、自分の部屋でコピーするみたいな?

中学3年までは、ずっと家で弾いてたよ。部活のバスケットボールをけっこう真面目にやってたんで(笑)、家帰ってからとにかく弾いてたね。

—“バンドを組む”とかよりも、まずは自分で弾いていくことが楽しかったんですか?

1人で弾きながら歌ったりする方が楽しかった。高校に入ってから、アコギを弾いててもエレキの音が出したくなって、エレキを買うんだけど、それまでは”バンド組みたい”っていう強い欲求はなかったよ。

—それこそ、人前に出て演奏することは、それまでなかったんですね。

高校入ってからやね。エレキとアンプ買って近所のヤツと弾いてたら、そいつが南(浩二)と同じ高校で、紹介してもらったね。

—南とバンドを演ったというよりも、一緒に遊んだっていう思い出の方が強い

—当時の北九州のロックシーンでは、楽器屋さんでの交流が多かったと伺っておりますが、花田さんもそういった繋がりがあったのでしょうか?

松田とか北九楽器ね。ルースターズ関係は、最初は北九楽器からだったしね。人間クラブもそうだったし。大江(慎也)がそこでバイトしてたから。でも、最初に組んだのは高校の同級生同士のバンドで、「LA59」か「LA56」っていうバンド名(笑)。アメリカン・ロックがその当時好きやったから。

—直球のバンド名ですね(笑)。当時だと文化祭で演奏されたり?

高校の最初はそんな感じ。外でライブするとかじゃなくて、文化祭でね。4人バンドでビートルズと同じ編成で。そのあとが南とかルースターズ方向に繫がっていくんやけど、それまでは自分たちでやってるだけだったから、広がっていくのはそれからやね。

【独占インタビュー】花田裕之

—そう考えると、南さんとの出会いは大きいですね。

そうやね。そういう意味じゃ、音楽やるヤツで知り合った中では大きいよね。

—実際にバンドをTHE CRAMPとして組むにあたり、何に突き動かされたのでしょうか?

南は目立つとか、”人に魅せる”ということを自分から考えて、服装やルックスに気を配ってるのが、アイツが初めてだった。それまでは、ただ音楽が好きでどんな服装でもいいから、文化祭で演ってただけやからね。で、オレ高校を留年して(笑)。THE CRAMPは南とバンドを演ったというよりも、一緒に遊んだっていう思い出の方が強いね。そのバンドで東川(元則)とか井上(富雄)と知り合って。井上はその前の自慰獣から南と演ってたし。そういう変わった連中と知り合ったのが面白かったし、その連中は真剣に音楽のことを考えてたから、当時のオレには大人に見えとったと思うよ。

—人間クラブになっても、そのバンドを組むにあたっての想いは変わらなかったんですか?

やり方が面白いっていうのがまずあって。人間クラブから、徐々に音楽が自分の中でリアルになっていくタイミングというか.....それまではレコードの中だったり、自分にとっては遠い世界に思えていたのが、実際に自分がその渦中にいるような感覚やったね。

取材:2015.04.08
インタビュー・テキスト:Atsushi Tsuji
photo:Hiromi Morimoto


【アーティスト情報】

●Web

http://hanada.cc/

【ライブ】

● 2015.05.02(土) 下北沢DaisyBar DaisyBar 10th Anniversary
出演:band HANADA(Vo&G 花田裕之・B 井上富雄・Dr 椎野恭一・G 大西ツル)
OPEN 19:00 / START 19:30
料金:前売 4500円(D別) / 当日 5000円(D別)
プレイガイド:ローソンチケット 0570-00-0777
Lコード予約 http://l-tike.com Lコード:72902
イープラス http://eee.eplus.co.jp
DaisyBar店頭/予約 03-3421-0847
問い合せ:下北沢DaisyBar 03-3421-0847
ホームページhttp://daisybar.jp/

● 2015.05.12(火) HOBO CONNECTION 2015 ローリング・ジェントルメン 酔いどれナイト
出演:リクオ/花田裕之/ 武藤昭平 with ウエノコウジ
¥4000 当日 ¥4500メール予約 reserve@rikuo.net(件名を「酔いどれ」としご予約氏名、人数、ご連絡先を明記の上送信してください、折り返し受付完了メールをいたします。 jirokichi 店頭予約は 4/12 ~ 問)03.3339.2727 (18:00-24:00) ライブ詳細告知に関して何かご質問などありましたら、 こちらのメールにて返信でいただくか 私いせ(mailto:isekaori@gmail.com)までご連絡下さいませ。

● 2015.05.15(金) 神戸 brothers & sisters 流れ
神戸市中央区下山手2-17-13日宝壱番館308
出演:花田裕之OA 石田秀一(イナズマクラブ)
18:30 開演19:30
¥3000drink別
brothers & sisters 078-332-0208

● 2015.05.17(日) 山口防府 印度洋 流れ
出演:花田裕之/OpeningAct:あり
開場:19:00 開演:19:30
前売、当日とも:¥3,500 (1ドリンク付)
問い合わせ:0835-38-5324 090-8243-2599
会場:印度洋 住所:山口県防府市栄町1-3-30長宗ビル地下1階
TEL :0835-38-5324

● 2015.05.16(土) 広島廿日市 gallery space 5.15 流れ
広島市廿日市市佐方4-6-48-1f
開場18:00 開演19:00
料金: 1 premium seat 5 limited ¥5500 2drink+ sign 2 adv ¥3500 door ¥4000 drink 別
問い合わせ:gallery space 080-9795-1738 0829-30-3007
mail:quadrophenia.4@nifty.com gallery space 5.15

● 2015.05.23(土) ウルフルケイスケ誕生日ライブ
渋谷 CLUB QUATTRO
info:http://www.ulfulkeisuke.com/mail/

● 2015.06.06(土) 田川 田川ダイヤモンドムーン 流れ 2015
出演:花田裕之 (オープニングアクトあり)
開場18:30/開演19:00
料金:前売 ¥3,000 + 1ドリンクオーダー 当日 ¥3,500 + 1ドリンクオーダー
店頭販売:Diamond Moon(田川市魚町14-7/tel 0947-46-3840)
Eメールでの前売り予約受付け mail : mailto:n_d_office73@yahoo.co.jp
問い合わせ:mailto:n_d_office73@yahoo.co.jp
Diamond Moon(田川市魚町14-7/tel 0947-46-3840)

● 2015.06.07(日) 玉名 和酒 bar 酒楽( しゅがく) 流れ
出演:花田裕之 OA / 平田祐樹
開場 19:00 開演 19:30
料金:¥3000 drink別
問い合わせ:熊本県玉名市高瀬459 090-1167-4320 (吉田)

● 2015.06.12(金)「ROCKETS CINEMA SPECIAL ”大阪爆裂紳士”」
大阪府大阪市浪速区難波中2-11-1 なんばピア6025
出演:花田 裕之 / 石井 岳龍 / 島田 角栄 / 瀬尾 みつる / the psycrons DJ mai MC 渡辺 真
OPEN 18:00 START 18:30
Charge adv¥2,500 / door¥3,000 (Drink別)
問い合わせ ROCKETS 06-6649-3919

● 2015.06.14(日) 『ウーララ15周年イベント ″流れ″』
オープン6時半 スタート7時半 チャージ前売3500円 当日4000円(どちらも+1ドリンク代)