デビュー25周年にして、初のベストセレクション・アルバムの発表となった柳原陽一郎。公式発表された楽曲だけでも約150曲、作品化されていないものを含めると、実に250曲以上にのぼるという作品からのセレクトである。
往年のファンは勿論のこと、はじめての方にとっても”もっけの幸い”の時間が訪れるこの作品を是非手に取って、”柳原ワールド”を体感して欲しい。
PART.1ではたま時代〜「ドライブ・スルー・アメリカ」までをお届けします。


—1990年にたまでデビュー、1995年に柳原幼一郎として作品をリリースし、双方の始まりのキリが良い分、どちらの各周年に合わせても周年になれますよね。柳原さんの中で、そういった”周年”という節目に対して、都度何かを感じていらっしゃったのでしょうか?

まず1990年が、自分の中でたまのデビューもあり、色んなことが変わった年でしたね。それまで、プロとして音楽をやっていこうという意識がなかったですから。

—プロになる為に音楽を始めたわけでもないと。

毎日が楽しければ良くて、その為には毎月ライブが出来ればいいやっていう中で、プロダクションと契約したり、メジャー・デビューがあったので。これまでと全く違う世界に行った1990年が”1”となって、25年経ちましたね。

—これまでの各周年で、記念的なことは行われてきたのでしょうか?

最初は、2000年に自分のレーベル(SWEETS DELI RECORDS)を作ろうと思ったのがそれに当たると思います。ちょうどたまを辞めて5年経って、自分で責任を持って音楽制作・音楽活動をする方が、気持ちが楽になるというのはありましたね。例えば「何枚プレスしていくら儲かる」という話から始めるんじゃなくて、「取り敢えず曲が出来たからリリースしよう」っていう、身軽な動きをするためには、自分のレーベルを持つのが1番でしたね。細かい話で言えば、その為の機材なども増えてきましたし。

—柳原さんの想いと、そういった音楽制作の環境が整ったタイミングが、一致したんですね。

ちょうどパソコンも普及してきていましたし、CDジャケットも簡単なデザインでしたら、作りやすい状況になってきましたよね。マスタリングも誰かに頼める環境になって、レコード会社と契約をしなくても、音源制作が出来たんです。

【独占インタビュー】柳原陽一郎

—今の活動原点とも言える環境が、このタイミングだったのは、確かに記念的ですね。

はい。そのあとは、デビュー15周年の2005年に、たま時代の楽曲をセルフカバーした「ふたたび」のリリース。デビュー20周年の2010年には、自分の生い立ちとこれまでの活動記録や、それまでにリリースした作品のセルフ・ライナーをまとめた本(Yanathology)を出して、5ヶ月間で全曲を演奏するライブを行いましたね。

—各節目での記念的な事柄があって、25周年にして初のベストセレクションとなります。今回収められた楽曲を聴くと、改めて多彩な楽曲群であることがわかります。少しルーツを辿らせていただきたいのですが、今回「さよなら人類」「あの娘は雨女」「満月小唄」が収録されましたが、柳原さんから見て、当時のたまはどうでしたか?

そうですね...1984年から11年間やったわけですけど、元々はシンガー・ソングライターの集まりだったんです。それまでは、それぞれギターを持って歌ってたんですけど、ひょんなことから「バンドごっこをやろう」ということになって。でも、3人でギターを弾くのもヘンな話だから、「君は太鼓の真似事をやってください。僕はカシオトーンを弾きます。あなたはギターが上手だからギターを弾いてください。」っていう役割分担をしたんです。そして、ビートルズのようにお互いの曲にコーラスを入れて...コーラスって言う程でもない”合いの手”ですけど(笑)。

—「ついたー」とかですね(笑)。

そうね。それからケラさんのナゴムレコードから、レコードを出させていただくことになりました。宝島やシティーロード(情報誌)のライブ欄に「面白いバンドがいる」って取り上げられたり、加藤賢崇さんとかのコラムにも取り上げていただいたりして、だんだんお客さんが入るようになったんです。そしたら、当時のスタッフが「TBSにライブのVHS送ったよ。ヤナちゃん出るよね。」って。「なんでそんなことするの?」ってなったんですけど、チラシを何枚も刷って撒くよりも、テレビに出ればライブにお客さんがいっぱい入るだろうということで出たのがイカ天で、それがデビューに繋がるんです。

【独占インタビュー】柳原陽一郎

—冒頭でも伺いましたが”楽しくやろう”の延長線上がここに繋がったんですね。

そういう意味では、メンバーによっては思惑は違うかもしれないので、必ずしもそうだとは言い切れないのですが、僕は気軽な感じでいたかったですね。とは言うものの、明るい歌を1つも歌っていないのに、目の前に女の子のお客さんがだんだん増えてきて、すごいなぁとは思いました(笑)。所謂シンガー・ソングライター的な曲は避けて、楽しいけど奇妙で面白い曲をやろうという、バンド内の共通認識もありましたね。

—近年の資料を拝見させていただくと、セットリストには組み込まれていますが、脱退されてからもたまの曲をずっと歌い続けてこられたんですか?

1995年から2000年くらいまでは、あまり歌わなかったですね。自分の中のキャリアでたまの時代が終わって、初めて”シンガー・ソングライター 柳原陽一郎”と、どう向き合ってどんな歌を歌えばいいんだろうと思ったときに、たまの曲がちょっと邪魔だったときもありましたね。たまの曲を歌ったら「じゃあ何で辞めたの?」っていう話にもなっちゃうのかなって。

—なるほど。「ドライブ・スルー・アメリカ」をたまでの活動最後の年にリリースされましたが、シンガー・ソングライターとして、柳原さんなりのコンセプトのようなものはあったのでしょうか?

ソロ・アルバムを出したいとは思っていたんですけど、たまの方がまだ忙しかったんです。それでも自分が面白がれることをやろうとしたときに、自分で曲や詞を書いてというよりは、自分の中の音楽的な喜びを体の中にもう一度蘇らせたいという想いと、所謂手練れのミュージシャンの方達と、自分の歌を戦わせてみたいというのがあって。じゃあ、昔から好きだったアメリカの歌をカバーしようと。ちょうど、たまのファンクラブの会報誌で「訳詞の小部屋」という自分のコーナーをやっていたのもあって、英語ではなく、日本語で歌ったんです。音楽の現場って、たましか知らなかったので、プロのミュージシャン、プロのレコーディングの現場をそこで勉強させてもらった感じですね。

【独占インタビュー】柳原陽一郎

—実際の現場では、これまでとどういった違いがあったのですか?

まず、ドラムの江川ゲンタさん、ギターの稲葉政裕さん、ベースが澤田浩史さんの仕事が早いんですよ(笑)。1度歌ったら、プロデューサーの萩原健太さんも譜面を書いてくれるから、すぐ曲の骨格ができあがるんです。僕は正直、そういうプロ・ミュージシャンって上手すぎて好きじゃなかったんですよ。どちらかというと、パンク・ロッカーみたいにへたくそだけど気合だけは負けないタイプのミュージシャンの方が好きで。で、実際に現場で見て「自分の好きな音楽の骨格は、こうなってたんだなぁ」って気づいて。そこでカーペンターズとかポップスを聴き始めた頃の喜びが蘇ってきて、宝の山にぶち当たった感じがありましたね。ただ、自分の中ではあれを作っておいて良かったんですけど、作り方・歌詞・僕の音楽への姿勢が、たまと180度違ったので、リスナーの方はすごく戸惑われたと思います。

—その180度の違いが、言葉を変えれば新しい音楽の表現方法として広がったとも言えますね。

いや、そのときはそんなことを考える余裕がなかったですね。音楽制作ではベーシックな手法なんでしょうけど、歌詞を作る以前にオケやリズムが決まってくるんです。たまでは、歌いながら一緒にジャンジャカやって作っていたので、その違いにかなりテンパってましたね。つまり、実力がないからなんですけど、歌がどんどん置いてけぼりになっちゃう感じなんです。よく、「あのときは苦しかったけど、今となっては良い経験」みたいな話ってありますよね?そういう話に落とし込みたくはないけど、今、音楽制作をしていく上で、良い経験と学びがありました。

—現在の基礎にもなったということですよね?

はい、やっぱり譜面はきれいに書かなきゃダメだなとかね(笑)。

取材:2015.02.13
インタビュー・テキスト:Atsushi Tsuji
Photo:TAKAYUKI OKADA


【アーティスト情報】

●WEB

http://yananet.com/

●Twitter

https://twitter.com/SweetsDeli

●Facebook

https://www.facebook.com/yanagiharayoichiro

●Youtube

https://www.youtube.com/user/SWEETSDELIRECORDS

【リリース】

【独占インタビュー】柳原陽一郎

もっけの幸い - 柳原陽一郎ベストセレクション -

iTunes限定配信リリース


【ライブ】

[柳原陽一郎・25周年御礼行脚]

3/5(木)京都 拾得 with)鬼怒無月(g)
開場 17:30 / 開演 19:00
前売 3,000円 / 当日 3,500円(ドリンク代別)
会場HP : http://www2.odn.ne.jp/jittoku/
※チケットは店頭にて発売、電話&Eメールにてご予約を受け付け中です。
メール予約での件名は3/5 柳原予約として、お名前、人数、連絡先をお書き添え下さい。
問・予約)拾得 : 075-841-1691 / jittoku@hotmail.co.jp
注:19:00-21:30はライブ中につき、お電話はお控えください。

3/6(金)大阪 martha
with)鬼怒無月(g)
開場 18:00 / 開演 19:00
前売 3,000円 / 当日 3,500円(飲食代別途)
会場HP : http://www.marthanet.com/
※ご予約はmarthaのnewsページ http://cafemartha.exblog.jp/21474898/
にある予約フォームからどうぞ。なお、予約フォームがうまく立ち上がらない場合は
http://cafemartha.exblog.jp/i8/ をごらんください。
問)martha : 06-6446-2314

3/7(土)名古屋 モノコト
with)鬼怒無月(g)
開場 18:30 / 開演 19:00
予約 3,000円 / 当日 3,500円 (ドリンク代別)
会場HP : http://osu-monokoto.petit.cc/
※モノコト店頭で予約及び電話予約を受け付けます。
問・予約)モノコト : 052-204-0206(12:00~21:00 )

3/8(日)金沢 もっきりや
with)鬼怒無月(g)
開場 18:30 / 開演 19:00
会場HP : http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
予約・当日共 3,000円(ドリンク代別)
※もっきりやにて電話&メール予約を受け付けます。
問・予約)もっきりや : 076-231-0096/mokkiriya@spacelan.ne.jp

4/10(金)広島 ヲルガン座
ゲスト)ボギー
開場 19:00 / 開演 19:30
予約 2,700円 / 当日 3,000円(飲食代別途)
会場HP : http://www.organ-za.com
※ヲルガン座にて電話&メール予約を受け付けます。
その際、お名前と人数、お電話番号をお伝えください。
問)ヲルガン座 : 082-295-1553 / organzainfo@gmail.com

4/11(土)別府 ホテルニューツルタ・扇の間
「円界no.04~柳原陽一郎 25周年御礼行脚 in 別府」
ゲスト)ボギー
開場 17:00 / 開演 18:00
予約 3,000円 / 当日 3,500円(1デイ温泉代込・1ドリンク代別)
会場HP : http://www.newtsuruta.com/
※ご予約は円界の電話&メールで受付けます。
その際、お名前と人数、お電話番号をお伝えください。
問・予約)円界 : 090-4350-3695 / fanletter.oo@gmail.com

4/12(日)福岡 箱崎水族館喫茶室
「ハイコレ134~柳原陽一郎 25周年御礼行脚 in 福岡」
ゲスト)ボギー
開場 17:30 / 開演 18:00
予約 3,000円 / 当日 3,500円(1ドリンク代別途)
会場HP : http://www.hakosui.net/
※ご予約はヨコチンレーベル yokotin_b@hotmail.com
で受け付けます。その際、お名前と人数、お電話番号をお伝えください。
問・予約)ヨコチンレーベル : yokotin_b@hotmail.com

5/9(土)札幌 musica hall cafe
「柳原陽一郎 25周年御礼行脚 in 札幌」
開場 18:00 / 開演 18:30
予約 3,000円 / 当日 3,500円(ドリンク代別途)
会場HP : http://www.musica-hall-cafe.com/index.html
※ご予約は3/1(日)19:00よりmusic hall cafeの予約ページ http://www.musica-hall-cafe.com/event_live/index.html#reservation_area にて受け付けます。
問)musica hall cafe:011-261-1787


[続・第三金曜日の男~桜三月開幕の巻]

3/20(金)渋谷 公園通りクラシックス
開場 19:00 / 開演 19:30
前売 3,000円 / 当日 3,500円
会場HP : http://k-classics.net/
問)スイーツデリレコーズ : 050-3036-3294
※メール予約は 2/21(土)12:00より yanaticket@gmail.com にて受け付けを始めます。
件名を3/20 柳原ライブとし、お名前と人数(3名まで)をお書き添えください。