RIZE、AJICO、LOSALIOS、unkie、ACE OF SPADES、THE LIPSMAXと、数々のバンドで圧倒的なパフォーマンスで魅了するベーシストTOKIE。様々なレコーディングやライブにも参加し、近年ではプロデュースまでこなすベース・プレイヤーとして、幅広いミュージシャンからの信頼も寄せられる。そんなTOKIEのこれまでのベーシスト人生を全4回に渡りお届けします。


TOKIEさんが音楽に触れたきっかけから伺えればと思います。

TOKIE:実はですね、私がベースを始めてバンドをやるにあたって、入り口が音楽が好きでっていうのではく、楽器が先なんですね。中学で入学した学校のブラスバンド部が、すごく優秀だったんですけど、新入生の歓迎演奏を聴いたときにすごく感激して、「楽器は何でも良いからブラスバンド部をやりたい!」って急に思ったんですよね。

ブラスバンドの何処に惹かれたんでしょう?

TOKIE:生演奏にとにかく感動して。それまで音楽にまるで興味がなかったですし、運動部に入ろうと思ってましたから(笑)。それが突然180度変わるくらいの出来事でしたね。

実際に入部されて、”何でも良い”と話された楽器は何を選択されるのですか?

TOKIE:それまで音楽に携わったことがなかったので、「私が出来そうな楽器はどれだろう?」っていう基準で、第1希望がコントラバス・第2希望がパーカッション・第3希望がオーボエで出したのかな。そのときには身長もそれなりにあったのでそのままコントラバスになりました。

あ、ここでもう4弦になるんですね!

TOKIE:そこからずっとベースなんです。楽器が先にあって、それからブラスバンド部でやってた曲だったり、後にエレキ・ベースを弾き出してバンドに誘われるときにコピーした曲とかを聴き出したんです。

それが楽器が先という入り口ですね。コントラバスを第1希望で選ばれたのが意外ですよね。パーカッションの方が”出来そうな楽器”でいうと選びそうですけど?

TOKIE:そうですよね(笑)。きっと私自身、音程が欲しかったんだと思いますね。

【独占インタビュー】TOKIE

—とにかくベースの練習がしたい

なるほど。実際に演奏されていた楽曲はどういうものがあったんですか?

TOKIE:所謂、クラシックとポップスのアレンジされたものをやっていましたね。自分では何が何だかわからず一緒くたにやっていたんですけど、後から考えると自分が弾いていて楽しいのはポップスでしたね。Earth Wind & Fireだったり、結構有名な曲たちを「あのとき弾いてたのはこの曲だったんだ」って知ることが多かったですね。

ありますよね、独特のアレンジを施されてるから後でオリジナルを聴いて知るという。コントラバスをブラスバンドで演奏して、エレキを持たれるのは同時期になるんですか?

TOKIE:ブラスバンド部で”3年生はエレキが弾ける”っていう仕組みがあったんですよ(笑)。私は先輩をみながらすごくエレキ・ベースが弾きたくて、2年間頑張ってたんですけど、3年生になる前に父親の転勤で引っ越ししちゃうんです。

ショック!

TOKIE:ね(笑)。転校を余儀なくされ、転校先のブラスバンド部は盛んではなく、楽器自体もなかったから失望も経験して(笑)。で、高校受験のときに「合格したら楽器を買ってあげる」と親に言われ、頑張って合格して買ってもらいました。

当時のTOKIEさんからすれば念願ですよね。

TOKIE:そうです。それからは家で練習していましたね。楽器を持っていたから、先輩にバンドに誘われるんですけど、すごく自然な流れでバンドをしていましたね。

よく、”バンドをしたくて楽器を買う”ってありますけど、TOKIEさんの場合は、ベースが弾きたくてバンドをしているという方が正しいですよね?

TOKIE:ベースで何かをやろうとか全然考えていなくて、とにかくベースの練習がしたいからっていうことでしたね。最初に誘われたバンドはSHEENA & THE ROKKETSのコピーバンドで、よく練習していましたね。

では、それからバンドで演奏することが、ベースを弾く中心になっていくのでしょうか?

TOKIE:また高校2年生のときに父親の転勤で転校しちゃうんです(笑)。でもそこからは”バンドをやりたい”って自分の意思で行動を起こしてバンドをやりましたね。

それからもコピーが中心だったんですか?

TOKIE:JOHNNY, LOUIS & CHARのコピーをしたり、ロックが大好きになったタイミングですね。

そうなるとライブで演奏となりますよね?

TOKIE:はい、当時は松戸にいたんですけど、地元のライブハウスで演奏したり、ヤマハのEastWestに出たりしてましたね。

EastWest!ヤマハのEastWestかポプコンに出られた方って多いですよね?

TOKIE:みんな出ていましたよね(笑)。そういったコンテストがいっぱいありましたし。良い演奏が出来るかで緊張していた記憶がありますね。

【独占インタビュー】TOKIE

—ベースを辞めるという選択肢がなかった

そういったバンド活動をされる中で、例えばプロになる!や◯◯でライブしたい!みたいな目標を持たれることになるのでしょうか?

TOKIE:あまり考えてなかったですね。ただ、がむしゃらに貫いてきたことで、辞めるという選択肢がなかったことですね。人生の節目に当たるとき、例えば就職で音楽が趣味になったり、バンド自体をやらなくなったりって、私の周りにもありました。だけど、「ベースを続ける為にどうしていこう?」っていう選択の連続で今があると思うんです。ベースを弾き続けるという軸の中で、人生の選択をしてきましたね。

もう、好きっていう次元を超えてますよね。

TOKIE:そうだと思います。ベースを弾いていないと、私じゃないっていうくらいな感覚です。ただ、ベースで生きて行く≒お金を稼ぐっていう考えにならなかったのは何でだろうって今考えると思いますけどね(笑)。

ベースに純粋だったということだと思います(笑)。

TOKIE:(笑)。高校を卒業してからは、バイトをしながらバンドをしたり、少しずつサポートのお仕事をいただける様になりました。J-POPのお仕事が多かったですけど、色んな場所で弾かせていただけるのがすごく嬉しかったですね。

このタイミングから、少しずつ音楽のお仕事に携わるようになっていくんですね。

TOKIE:そのあとニューヨークに行ったことが、1つのポイントになったと思います。DEAD ENDのMORRIEさんが、ソロを出すタイミングでニューヨークでレコーディングをしていたんです。そこで、ニューヨークのライブハウスでライブをするというお話をもらって、サポートのお仕事としてベース担いで、1人で行きましたね。

フットワーク軽いですよね(笑)。

TOKIE:若かったですから、気軽に行けましたね(笑)。

取材:2015.01.07
インタビュー・テキスト:Atsushi Tsuji
photo:Hiromi Morimoto


【ライブ】

<THE LIPSMAX>

●2015.2.10 (Tue) THE LIPSMAX FIX Presents THE MAN with チャーリーコーセイ~ルパン三世 皆殺しの唄

open: 18:30 / start: 19:30

place: 新宿 ReNY

[出演]
THE MAN with チャーリー・コーセイ
guest vocal (chorus) 武田カオリ
guest band:THE LIPSMAX

[チケット]
adv: 3,900yen / door: 4,400yen
・イープラス http://eplus.jp/
・ローソンチケット http://l-tike.com/

●2015.2.14 (Sat) THE LIPSMAX THE LIPSMAX & たむらぱん presents HUNGRY ANGRY VALENTINE!!!!

open: 18:00 / start: 18:30

place: 新代田 LIVE HOUSE FEVER

[出演]
THE LIPSMAX / たむらぱん

[チケット]
3,500yen (+1drink) ※3歳以上チケット必要
・ローソンチケット 0570-084-003(Lコード:74541)
・イープラス
・ぴあ(Pコード:250-929)

[お問い合わせ]
DISK GARAGE 050-5533-0888

●「THE LIPSMAX & たむらぱん presents HUNGRY ANGRY VALENTINE!!!!」


【アーティスト情報】

●Web

http://www.tokie-official.com/

●Twitter

https://twitter.com/tke4strings

●Blog

http://ameblo.jp/tokie4strings/