【独占インタビュー】THE STARBEMS

ちょうど昨日、金沢VANVAN V4でライブを終えられましたが、新曲も演奏されたのですか?

日高 央(以下:日高):これまでも、アルバムからの新曲を3曲くらい演っていたんですけど、前から観に来てくれている常連(ファン)曰く、「レコーディングを経たら、音が完成しましたね」なんて言われましたね(笑)

越川 和磨(以下:越川):(笑)

日高:「プロデューサーか!スタッフか!」っていうくらい上から言って頂けて(笑)「Vanishing City」「Sweet Nothing Blues」「Everybody Needs Somebody」がそうなんですけど、結果的に良かったのかなと。

サポートベーシストとして山下 潤一郎(ex-ASPARAGUS/ex-ナイスマーブルス)さんを迎えられましたが、ライブ、レコーディングを通しての感触はいかがですか?

日高:元々、前のベースだった寺尾(純平)は”はっぴいえんど”好きな、横ノリのベーシストだったんです。逆にオレは、年齢を重ねる程BPMを上げたいし(笑)、縦ノリを突き詰めたいという互いのズレが、今年の初めからあって。半年くらい話し合いをしながら、アイツなりに先輩ベーシストに相談もしてて。例えば「KEN BAND」のJUN GRAYさん、「VOLA & THE ORIENTAL MACHINE」の有江 嘉典くん、今回サポートしてくれてる潤もそうだし。

バンドとの方向性を模索されていたんですね。

日高:その中で最終的に皆さんが仰るのは"気合と基礎練"だったんですよね。気合はあるけど(笑)、やっぱ基礎練は1、2週間で何とかなるものでもないから。じゃあ、「バンドと距離を置いて、客観的にベーシストとして考え直してみる」という結論で、喧嘩別れとかではない、今回の脱退だったんです。そして潤は元々Steve Vaiとかが大好きなんで、縦ノリ・横ノリ何でもいけるから、バンドとしてはやりやすいですよね。

越川:僕は”音”の前に”人”だと思うから、人としてのコミュニケーションを取ってからなんですけど、中々パンチの効いた人で(笑)

日高:人生のBPMが早いんで。

越川:色んなことが斜め上っていう(笑)勉強させてもらってますけど、ものすごくスピリチュアルな方です。違和感がないと言うと嘘になるけど、ここ最近で人としても音のグルーヴとしても合って来てますね。

【独占インタビュー】THE STARBEMS

バンドとしての変化を経て、前作「SAD MARATHON WITH VOMITING BLOOD」「ULTRA RENEGADES E.P.」からの進化が今作で著しく見られますが、レコーディングはどのように進められたのですか?

日高:まずベースが変わったことで、潤に「機材も変えてくれ」とオーダーしました。アイツは元々ESPのアクティブ・ベースを持ってて、スピーカーは「AMPEG」だったんですけど、「Slipknot」と同じ「TC Electronic」にしてもらって。これまでのベース音が”下から2、3段目”にあったとしたら、更に1、2段下がって、ドラムのキックよりも下になったんです。だから、ギターの音も必然的に下がりましたし、これまでとの音と違うポイントになったと思いますね。

越川:始めの3、4曲は「AMPEG」で録ってたのを、日高さんの指示で「TC Electronic」で録り直したら別モノになっちゃって(笑)そこからギターも録り直しをするという、面倒臭いことになっちゃった。「Let Lights Shine」「Pitfalls」は前のバージョンで行く予定だったんですけど、音が違い過ぎたんですよね。もちろん、アメリカで録音したバージョンも気に入ってるんですけど、自分たちの機材を全て持って行けなかったフラストレーションもあったんで、タイトなスケジュールでしたけど、それも録り直すことにしましたね。

そのタイトな状況で、「VANISHING CITY」に収められた原曲は、全て日高さんから持ち寄られたんですか?

日高:いつもワンコーラス程の原曲を作って、みんなに送って構成して行くんだけど、ロッキンの翌日に”寺尾さん脱退”があって、それがレコーディングの3週間前で。

タイトですね…

越川:ヤバかったですよ(笑)

日高:潤にサポートをお願いするのは決まっていたけど、レコーディングを延期するか否かをみんなで話し合いましたね。ただ、ベースが交代する中でレコーディングも延期になると、バンドが停滞している感じに思えたし、良くないなと。「じゃあ、強行突破でレコーディングしましょう」という結論に至ったんです。まぁ最悪、オレと西くんが弾いちゃえば良いやって(笑)

越川:そんなノリでしたね。

日高:結果、そのタイトさがバンドのケツを叩くことに繋がってうまくいったんで良かったです(笑)

取材:2014.11.06
インタビュー・テキスト:Atsushi Tsuji
photo:Hiromi Morimoto


【リリース】

【独占インタビュー】THE STARBEMS

2014.11.12 DROP

2nd FULL ALBUM

『VANISHING CITY』

01. Working Youth
02. Sublime
03. Let Lights Shine (NEW RECORDING)
04. Vanishing City
05. The Midnight Sun
06. Pitfalls (NEW RECORDING)
07. Sweet Nothing Blues
08. Dinosaur Boy
09. Vengeance Sea
10. Everybody Needs Somebody
11. Burning Heart
12. Pig Ministry
13. Evening Star / Morning Star

TKCA-74158  ¥2,778(TAX OUT)

THE STARBEMS CDショップ別購入者特典&ショップ別限定セット販売


<THE STARBEMS CDショップ別購入者特典>

●タワーレコード全店及びオンライン限定購入者特典

・THE STARBEMSオリジナルシリコンバンド

【独占インタビュー】THE STARBEMS

●TSUTAYA RECORDS、TSUTAYAオンラインショッピング限定購入者特典

・抽選で5名様にサイン入りバンドグッズが当たる応募ハガキ

※TSUTAYAオンラインショッピングは予約ご購入分のみが対象です。

※一部、お取扱いの無い店舗もございますので予めご了承ください。


<THE STARBEMS ショップ別限定セット販売>

●ディスクユニオン全店(通販、オンライン含む)

http://diskunion.net/

THE STARBEMS/VANISHING CITY

ディスクユニオン限定Tシャツ付セット

3,778円(税抜)

【独占インタビュー】THE STARBEMS

●インディーズミュージックドットコム

http://www.indiesmusic.com/

アルバム限定パーカー付きセット販売 7,000円(税込)

※パーカー単体 4,500円(税込)の販売もあり

【独占インタビュー】THE STARBEMS【独占インタビュー】THE STARBEMS

※購入特典について

購入特典については、各店舗数に限りがあります。ご購入/ご予約の際は必ず店舗に特典残数をご確認頂きますようお願い致します。


「VANISHING CITY」 発売記念トーク&サイン会

●11月14日(金) ‹start›18:00~

【会場】HMV札幌ステラプレイス

●11月15日(土) 12:00~

【場所】タワーレコード札幌ピヴォ店

●11月16日(日) 18:00~

【会場】タワーレコード新宿店 7Fイベントスペース

●11月23日(日) ‹start›18:30~

【会場】HMV大宮アルシェ店


【ライブ】

<VANISHING CITY TOUR 2014>

●11/28(FRI) 大阪 梅田Shangri-La

OPEN 18:30 START 19:00 GUEST:TBA
INFO:清水音泉 06-6357-3666(平日12:00~17:00)

プレイガイド

イープラス

ローチケ:56960

チケットぴあ:245-276

湯仲間直売所

●11/29/(SAT) 名古屋 池下CLUB UPSET

OPEN 18:00 START 18:30 GUEST:TBA

INFO:JAILHOUSE 052-936-6041

プレイガイド

イープラス

ローチケ:42742

チケットぴあ:245-336

●12/10(WED) 東京 渋谷TSUTAYA O-WEST

OPEN 18:30 START 19:00 GUEST:TBA

INFO:クリエイティブマン 03-3499-6669

プレイガイド

イープラス

ローチケ:78416

チケットぴあ:246-341

全公演

チケット¥3,100(D別)

各プレイガイド発売中!!!


【アーティスト情報】

●WEB

http://www.thestarbems.com/

●Twitter

https://twitter.com/THESTARBEMS/

●Facebook

https://www.facebook.com/thestarbems