太陽光発電によるクリーンでピースなロックフェスティバル「中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2014」が9月27、28日に岐阜・中津川公園内特設ステージにて行われる。昨年に続き2度目の開催となる中津川に向けて、主催者である佐藤タイジ(シアターブルック)と今年も出演が決定している、うじきつよし(子供ばんど)・佐々木 亮介(a flood of circle)によるスペシャル対談をお送りします。


うじきつよし(以下:うじき):子供ばんどが1988年にストップして、その後に独自の世界観で、シアターブルック・佐藤タイジが出てきてたから音楽的な接点はなかったんだよね。

佐藤タイジ(以下:佐藤):俺は子供ばんどをコピーしてましたよ。徳島に来てくれるロックバンドって、子供ばんどしかいなかったんで。俺的にはスゲェ影響を受けている先輩ですよ。

うじき:そうか(笑)実はね、俺のカミさんがタイジのことをよく知っていて、「すごい面白い人だし、1度会ってみた方がいいよ」という話になって会うことになったんだけど、そのときがちょうど3.11辺りなんだよね。

佐藤:直後だったよね?13とか14くらいで。

うじき:東京もまだ混沌としててさ...電気は消してて暗いし、人々は色んなことを考えてるときだったと思う。それでも、こういう状況だけどタイジは「関係ないですよ」って来るんだけど、暗闇の中から現れたタイジの印象が「何かすごいコート着て、モジャモジャ頭が来た」っていうね(笑)お店で会ったんだけど、来るなり怒ってるわけよ。

【独占インタビュー】-

佐藤:そうでしたっけ?

うじき:初対面なんだけど、「こんなんでヘコたれてたらダメだ!これで世の中がダメになるのは許せない!」って、熱く怒りをブチ撒けてたね。

佐藤:こっちは、初対面のつもりはないですからね(笑)

うじき:(笑)かと言って、失礼な態度とかではなくて"ここから自分が何をすべきか"ということを、タイジの言葉で語ってくれたんですよ。震災の直後って、外を歩くのも危ない雰囲気とかさ、音楽とか芝居をやってる人たちには「自分たちはやる意味があるのだろうか?世の中に役立てるのだろうか?」という雰囲気が充満していたからね。

佐藤:そうやったね。そのあと、今も下北でやってる「3.11復興支援ライヴ LIVE FOR NIPPON」の第1回目が3月17日なんだけど、斉藤和義が飛び入り参加して「反原発の歌を作る!」って言っちゃった日ね。うじきさんも、かなり大きいダンボールで2箱分の物資を持ってきてくれたのね。「うじきさん、何かやって下さいよ」って言ったら、「俺はいいんだよ」って言って物資だけ置いて帰られたんだけど、「男前か!カッコ良すぎるわ!」って。

うじき:そのときはさ、バンド活動を"四半世紀封印中"に限りなく近い状態だったんで、恥ずかしくて遠慮したの(笑)逆にタイジの方がすぐに始めてたでしょ。そのときはソーラーとかではなくて、自分たちで起こせるアクションを取って、物資も確実に届くところへっていうね。それだけでも頼もしく思ってたんだけど、「THE SOLAR BUDOKAN」の話を聞いてさ。最初は「出来るの?そうは言っても、どこかで電気がなくなるんじゃないか?」って思ってたけど、どんどん具体的になってね。「これをやろう!」って旗を振り上げたのはタイジだけど、それに賛同する仲間たちが集まっていくのを見てて「これは絶対に目撃しておかなくてはいけない」って観に行ったら、それはカッコイイ。

佐藤:嬉しいですね。

【独占インタビュー】-

うじき:1番カッコイイと思ったのは照明だね。光量が少ない中での演出がより影を強調してて、シルエットとのモノトーンがなんとも言えない雰囲気なんだよね。「この感覚ってなんだろう」って思ったんだけど、初めてLed Zeppelinを武道館で観たときの光景とダブったんだよね。

佐藤:そんな感じだったんだ。

うじき:目を凝らさないと見えないステージ。今みたいにスクリーンが出てきて、電飾があってっていうのとは違うよね。そういうステージを観てて「音も良くないか?」って気づくのね。大きい音じゃないんだけど、生々しいんだよね。それを観てて嬉しくなっちゃってさ。そしたら吉川(晃司)が出て来たわけ。そしたら「モニカ」やらないんだよ。晃司がデビューしたときのツアーバンドを俺がやってたんだけど...あ、晃司さんは(笑)

一同:晃司さん(爆笑)

うじき:年下だけど大変尊敬してるんです(笑)すごく付き合いがあるから「いつまでたってもそういう天邪鬼な...」って思った瞬間に「そうだ、俺が出てれば出来たんだ」って思って。ここで観てる場合じゃなくて、出たいんだ・出なくちゃいけないって勝手に思って。

佐藤:みんな喜ぶから、確かに「モニカ」やって欲しかったよ。

うじき:その武道館を経て、中津川でやるって聞いたときに「これはすごいことになる!」と思って、最初からタイジに「出して」じゃなくて「出るから」ってそのときだけ先輩で(笑)新しいロックフェスの在り方っていうのを感じたし、タイジは意図してやったのかわからないけど。

佐藤:意図してないっす。

うじき:そう言うのがタイジらしいけど、俺はそう感じたんだよな。新しいステップをみんなに提示してると思うし、そこに四半世紀やってなかった自分たちも、もう1回そこのムーブメントに加わらせてもらえるっていうのは、すごく幸せだと思う。

取材:2014.08.07
インタビュー・テキスト:Atsushi Tsuji

【チケットインフォメーション】

チケット インフォメーション

通し入場券 13690円

27日入場券 8500円

28日入場券 8500円

プレミアムキャンプ付き 通し入場券 18690円

キャンプ付き 通し入場券(場内駐車なし) 15690円

駐車場付き 通し入場券 17690円

駐車場付き 27日入場券 11000円

駐車場付き 28日入場券 11000円


詳しくはこちらから

【情報】

●Official WEB

http://solarbudokan.com/2014/index.html

●Official Twitter

https://twitter.com/_solar_budokan_

●Official Facebook

https://www.facebook.com/TheSolarBudokan

●Official YouTube

https://www.youtube.com/user/TEHSOLARBUDOKANTV


●佐藤 タイジ

http://www.taijinho.com/

●うじきつよし

http://kodomoband.jp/

●佐々木 亮介

http://www.afloodofcircle.com/